2014年11月25日火曜日

転職したり、フリーランスだったり、離婚を経験した人は知らないと損する年金の話(SB新書)

著者:浜田裕也 出版社:SBクリエイティブ 発行年:2014年7月25日 価格:本体価格730円
 年金の話はだいたい難しい。しかし、この本はタイトルの長さとは裏腹にコンパクトな説明と身近に即したテーマ割で非常に読みやすい。読者のそれぞれの立場を想定して年金の説明がなされているので、場合によっては重複した内容もあるが、それを差し引いても730円でこの内容はお買い得だろう。第一、消費税が10%になったときには受給資格が加入年数10年に短縮されるなんでこの本を読むまでは知らなかった。
 「内縁」の妻でも年金が受給できる「可能性」があるなど、いろいろ役立つ話が満載なので、年金が心配な人はこの本を読んでから社会保険労務士の先生にアドバイスを求めるというのが効果的かもしれない。

2013年10月14日月曜日

国語教科書の闇(新潮社)

著者:川島 幸希 出版社:新潮社 発行年:2013年 本体価格:680円
 国語教科書の題材が画一化してきている。たとえば芥川龍之介の「羅生門」,夏目漱石の「こころ」,森鴎外の「舞姫」などはほとんどの現代国語の教科書で取り上げられている。それはなぜなのか。そしてそうした教材の定番化に問題はないのかを検討したのがこの新書である。
 キーボードの配列方法は昔のタイプライターの配列がそのまま21世紀のパソコンに引き継がれてきたもの…というのが有名だが,国語の定番教材も戦後同じようなプロセスを経て、デファクトスタンダード化してきたものらしい。それで「是」とするわけでなく、もっと良い教材があるのではないか、という著者の指摘はもっともだ。ただその一方で大江健三郎や村上春樹の文体や文章構成が「現代国語」の試験に非常に馴染みにくいのも事実である。現状はこの3作品で保険をかけつつ、徐々に題材を入れ替えて、たとえば「舞姫」の代わりに「高瀬舟」を取り上げるといった試みをしていくのがおそらく現実に妥当するだろう。
 著者が「画一化」の要因として指摘しているのは①著作権の問題②豊富な副教材や過去の授業の実践事例の存在③指導資料の充実といった点である。原典が同じであれば文部科学省の検定意見も類似したものが多くなるだろうから、その意味では定番教材は「保険」にもなりうる。芥川龍之介の小説が検定教科書に登場しはじめたのは大正中期で、芥川自身が「近代日本文藝読本」という国語教育の編集作業に携わっていたらしい(本書52ページ)。芥川自身は「羅生門」ではなく「トロッコ」をこの副教材に入れていた。戦前には「羅生門」は国語教育の題材としては取り上げられることは少なく、著者はそれを「日本の国体や美風」を記し,国民性を発揮するものとしては「羅生門」はふさわしくなかったのではないか、との推論を述べている。本書の中盤は過去の国語の教科書や副教材の歴史を綿密に調査した結果で占められている。これがまた非常に面白い。
 おもえば検定教科書といえば「世界史」「日本史」など歴史関係の教科書に議論が集中していたが,前学習指導要領では「算数」「数学」「理科」が、そしてこの新書では「国語」がこうして話題になっている。「教科書なんで読まないよ」という学生は多いと思われるが、それでも国民共通の文化の下地になりうるのが検定教科書と考えれば、その重要性をここで新書で検討しておくことには意義がある。また同様に教材の定番化や画一化が現代国語のみならず他の教科でも進行している可能性があることも留意しておきたい。

2013年9月17日火曜日

知的文章とプレゼンテーション(中央公論新社)

著者:黒木登志夫 出版社:中央公論新社 発行年:2011年 本体価格:800円
 わかりやすくて論理的で、しかも一定の読者層に受け入れられる本は,手にとった段階ですでにスタイリッシュだ。中央公論新社の新書は全て同じデザインなのに、やはり書店の本棚にあるときから、一味違う。
 第一に「超整理法」「理系のための作文技術」といった名著の内容をふまえて著述されているので、21世紀にふさわしい新しい文章論が展開されている。しかも既存の議論もふまえたうえでの新しい内容だ。
 第二に医学系論文の審査にたずさわってきた著者の文章論なので,文章を書くうえで陥りやすい「わかりにくさ」「過ち」が指摘されている。
 第三に英語によるプレゼンテーションや論文執筆の経験から、日本語による論理展開を国際標準でとらえることができる。日本語特有の文章論だと、「てにおはの使い方」や「接続詞の使い方」といった文法論から書き起こす必要もでてくるが、この本で重視されているのは「言いたいこと」をいかに簡潔明瞭に著述していくべきかといった技術論だ。名文を書くのには一定の修練が必要になる。しかしわかりやすい文章を書くという技術論であれば新書を読むことで習得することは十分可能だ。
 「近代的な論理展開」の世界だとやはり因果関係や結論の導出方法はかなり重要になる。ビジネス文書の枠組み以外に,論文執筆やあるいはこうしたブログであっても、論理展開が重要な場面がある。一回読んですぐ試行できる内容や、章ごとにまとめられた箇条書きの要約が嬉しい。

2013年8月21日水曜日

スタバではグランデを買え!(筑摩書房)

著者:吉本佳生 出版社:筑摩書房 発行年:2012年(文庫本) 本体価格:680円(文庫本)
 「価格戦略」をミクロ経済学の視点から解き明かした書籍。タイトルは「スタバではグランデを買え!」となっているのだが、これはミクロ経済学的には限界収入と限界費用の関係のお話だと個人的には解した。企業にとっては、限界費用と限界収入が一致する点で供給をおこなうのがベストの選択となる。その結論をコーヒーショップの価格戦略にあてはめて見事に解き明かす「語り口」が素晴らしい。
 ペットボトルのお茶の価格差異やテレビやデジカメの価格の低下傾向、100円ショップの安さの秘密といった話題をときには物流による品揃え機能(消費者にとっては取引コスト)や平均費用の概念で解説し、経済学だけではなく流通やマーケティング的な考え方も学べる。
 素材としてはやや古いテーマがあってもその考え方自体は、現実のさまざまな場面で応用がきく。たとえば、デジカメやテレビの価格戦略は、単行本による新刊を一定期間後に文庫本化し、さらに将来的には電子書籍化して広告料のみ徴収するといった価格戦略についてもあてはまるし、夜間電力料金と日中の電力料金の差はそのまま価格差別の議論があてはまる。書籍についても学生割引などがあってもいいのかもしれないなど、価格というのは考え出すといろいろ深いアイディアがわいてくる。
 この著者の吉本先生はもともとは某都市銀行に勤務されていた方。別の書籍では「仕組み債」や「外貨建て定期預金」の商品としての欠陥が指摘されており、非常に役立った。この本も読みやすい文章で深い考えが紹介されているので、これまで「価格」に興味がなかった人にも役立つことが多いだろう。グラフがかなり豊富に掲載されている点にも好感がもてる。

2013年8月5日月曜日

ジーン・ワルツ(新潮社)

著者:海堂尊 出版社:新潮社 発行年:2010年(文庫本) 本体価格:520円
 官僚を多数生み出す「帝華大学医学部」に務める曽根崎助教は、顕微鏡下体外受精を専門とし、講義のかたわら、新研修医制度や産婦人科希望の医者が激減した影響で閉院間近となっているマリアクリニックで診察もおこなっていた。そこに受診に訪れた5人の女性は,いずれも大きな問題を抱えていた‥。
 いわゆる「代理母」や新研修医制度による地域医療の衰退、産婦人科で実際に発生した医療事故をめぐる逮捕などをおりまぜつつ、「物語」はミステリー仕立ての見事な結末を迎える。しばしば、厚生労働省や日本産科婦人科学会などには批判的な意見を主人公が述べるが、確かに現場で妊婦を診察している医者と行政にたずさわる官僚とでは意見やものの見方が大きく異なってくるのはやむをえない面がある。この「行政の倫理」と「現場の医者の倫理」の対立点がまさしくこの物語の結末につながっていく。読者によっては、医療の論理に肩入れするケースもあるだろうし、逆にまた厚生労働省の論理にも一理も二里もあることは認めざるを得ない場面もでてくるだろう。私個人は、自分の目の前に代理出産を希望する人間がいないこともあるが、行政や司法の論理にもそれなりに尊重するべき部分が多いだろう、という立場だ。
 日本の場合、生物学的親子関係が法律的親子関係には必ずしもならない。代理懐胎そのものが国内では認められていないこともあって、最近はインドなど海外で代理懐胎をおこなうケースが増えているようだ。しかしその場合でも国内法では、生まれた子供の母親は「分ぺん」の事実によって判断される。これ、意外に非人情に聞こえそうだが、法律的親子関係を一義的に決めておかないと、遺産相続の問題や親権の問題などが確定できなくなるというデメリットがある。「子供が欲しいから代理懐胎した」というケースであっても、その後育児放棄や離婚などによって子供の帰属が宙にうくということも起こりかねない(いや、実際に発生している可能性がある)。遺伝子的に親子関係であっても、法律で「分ぺん」という事実関係以上に踏み込んで親子関係を認めていくには、まだまだ社会の基盤は未整備だ。もちろん未整備のままでいいわけではなく、遺伝子的親子関係を戸籍法などでも認めるならば、「代理母」と子供の関係や子供の養育義務をおう親権の中身をもっと厳密に定義するべきだろう。
 重たいテーマを扱っているにもかかわらず読後感は意外に軽い。主人公が重たい過去を引きずりつつもけっこう強気で前向きに、そしてしたたかに生きているせいか。

ファイアボールブルース(文藝春秋)

著者:桐野夏生 出版社:文藝春秋 発行年:1998年 本体価格:476円
 舞台は弱小女子プロレス会社。巡業と練習のはざまで突如発生する身元不明の殺人事件。看板プロレスラー火渡、通称ファイアボールがなぜかこの殺人事件に興味を示し、真相を探り出そうとする‥。種も仕掛けもわりと日常的でかつ平凡な組み合わせだが、プロレスに独自の哲学をもつ火渡がその哲学に即して生きようとして殺人事件の種明かしに至る自然なプロセスが見事。桐野夏生の作品は突如物語がダークサイドに転がって読後感が微妙なものになることもあるが、この作品に関してはそれもなし。でもこれ、「2」もあるから油断もできないが。
 主人公の「火渡」のプロレスに対する哲学は、作者の小説に対する「哲学」にオーバーラップする。「違うね。プロレスってのはいくらでも自分で変えていけるんだ。どうしてかっていうと、自分が作るものだからだよ。だけど団体が小さくて序列ができると決まりきったショウを作るしかなくなる。あたしはそれがいやなんだ。‥プロレスは全人格的なものだってことさ」は、プロレスをそのまま小説に置き換えれば通じるものだろう。ある種の「筋」に準じて女子プロレスの世界でいき、その筋に準じてゆ行方不明のプロレスラーを追いかける。なんだかむちゃくちゃこの主人公、かっこいい。

2013年7月30日火曜日

何のために働くのか(文藝春秋)

著者:寺島実郎 出版社:文藝春秋 発行年:2013年 本体価格:750円
 何のために働くのか‥というテーマとともに連想するのは、今年引退を決めた中日ドラゴンズの山崎選手や山本投手など、ボロボロになってもユニフォームを脱がなかった(脱がない)選手である。もうすでに食べていくのには困らないほどの蓄えはあるだろうし、功なり名なり遂げている選手だ。山崎選手はもし楽天ゴールデンイーグルスのときに現場を去っていたらコーチから将来の楽天の監督候補の道筋もあったはずだが、あえて現場にこだわった。
 この本では「働く」ということについて、給与(賃金)を得るという意味での「稼ぎ」、社会的責任や貢献をおこなうという意味での「ツトメ」という言葉で働くということの意味を説明している。まあ、そうした「ツトメ」と「稼ぎ」の間に微妙なグレーゾーンや当初の目的とは異なる偶然の要素などもあり、意外に人間の人生はふらふらあっちいったりこっちいったりの繰り返しとなるが、そうした偶然との戯れこそ、また「ツトメ」の意義深いところである。当初想定した社会的環境は時間の経過とともに変化していく。社会的環境が変化すれば、自ずと「稼ぎ」も「ツトメ」も変化していく。著者自身が三井物産を辞めようとして辞めずにブルックリン研究所などに派遣されたりするのだが、2年~3年で社会が変化する今、著者の過ごしたキャリア人生よりももっと変化の激しい時代に今の学生は身を置くことになるのだろう。必ずしもこの新書の内容は体系だった構成にはなっておらず、ページによってはまったくテーマから逸脱した原発問題などが語られていたりする点で、読みにくい。しかしこの読みにくさは、著者が考える「働く」という言葉の意味の奥ぶかさと変化の激しさを表しているとも思えなくはない。簡単に結論が出る内容ではないが、「素心」という言葉が心に残る。