2017年11月15日水曜日

「おそろしいビッグデータ」


出版社:朝日新聞出版 著者:山本龍彦 発行年:2017年 本体価格:720円  「ビッグデータ」の威力はすさまじい。Amazonの買物やYahooのお勧めニュースなどで日々それを実感する。便利な反面,そこに薄気味悪さもある。ある種類のアルゴリズムで商品を選定して呈示したり,ニュースを選別して配信しているわけだが,そのアルゴリズムを少し変更するだけで個人が特定されたり,就職や住宅ローンの融資条件に転用することができるかもしれない…。 情報科学の視点よりも著者は憲法13条の理念から,ビッグデータの「おそろしさ」を説明してくれている。アメリカやEUの現在の状況についても情報を入手できるので,「お得な新書」だといえる。なにより憲法など日常生活には関係ないと考えている一般人にとっても,あらためて憲法13条について理解を深める良いきっかけになるだろう。 「情報化社会」とは,情報そのものが金銭価値をもつ時代である。とすれば巨大な情報の集積である「ビッグデータ」はとてつもない金銭価値をもつと同時に,「悪」が入り込む余地が多々ある電脳空間といえる。「小人」である一般人には巨大な悪はなかなか見ることや認識することができない。だからこそこうした新書で,自らのリスク感覚を研ぎ澄まし,目の前にある危機について肌身で感じることが大切になる。
 

 


 

 

 


 
 
 
 
 
 

 

 


2017年11月13日月曜日

「わたしの好きなおじさん」

著者:南綾子 出版社:実業之日本社 発行年:2013年 本体価格:617 「物語」の主人公には,なにかしら欠けた部分が存在する。この物語に登場する「おじさん」はすでに年齢を重ねている分だけ,「欠けている」といえなくはない。さらに年齢だけでなく,性格的にも個性のあるおじさんが6人登場する。 「ロード・オブ・ザ・リング」などハリウッドの映画が古典的なストーリーで構築されているのと同様に,6つの短編はいずれもその筋は古典的な流れで固められている。いったんは「あっち側の世界」に飛び越えていって主人公は最終的にこちら側に戻ってくるのが実は一番ストーリーが安定する(「ロビンソン・クルーソー」だって主人公は最終的にはこちら側の世界に戻ってくる)。で,将来に行き詰まりを感じた6人の女性も,いったんは「あっち側」(非日常生活)に飛び越えていくが,最終的には「こちら側」(日常生活)に戻ってきて,話自体は安定するという構図である。
 ただそれだけで終わらないのがこの著者の力量で,特に「不思議なおじさん」はとてつもなくすごい仕掛けがあちこちに散りばめられている。一見,悲劇的な終わり方のようでいて実際にはハッピーエンドの予兆を読者に読み取らせるという手腕は見事だ。まあ簡単に「あらすじ」の「さわり」を書くと,死のうとしている元AV嬢が田舎町にやってくる。そこで精神的に大きな問題を抱えているおじさんと出会う。なぜかそのおじさんに心ひかれるが,最後はそのおじさんと悲劇的な別れを遂げる。しかし,その一方で幸せな出会いを予感させるくだりが…ということで,「死のう」としていた女性が「生きる希望」のとっかかりを得るまでのくだりが小説となっている。他の短編は正直ちょっと疲れる展開だったのだが,「不思議なおじさん」。読んでる方にも希望を与えてくれる。




2017年11月5日日曜日

「残酷過ぎる成功法則」(飛鳥新社)

著者:エリック・パーカー 出版社:飛鳥新社 発行年:2017年11月3日 本体価格:1,500円
 あとがきも含めて本文で366ページ,さらに巻末に30ページ以上の参考文献の出典リストが掲載されているので全体で400ぺーいを超える大部の本となる。理由は自己啓発本にありがちな「結論」や「思い込み」をエビデンス(証拠)をもとに検証しているためで,科学的知見を含めた出典を明示することで,読者は自分の実生活にある程度の客観性をもって有効活用できる構造となっている。おそらくは,日本でも多数出版されている自己啓発関連の書籍の多くが心理学やゲーム理論など数々の科学的知見をもとにした内容にこれから変化していくものと予測される。
 で,内容だが正直いって面白い。なにせ「楽観主義がいいのか悲観主義がいいのか」といった不毛な議論について,一定のエビデンスをもとに著者は結論を出してくれている。「ワーカホリックがいいのかワークライフバランスがいいのか」といった議論も納得のいく結論が出されているので,「本当かなあ,どうかなあ」といった疑問を抱きつつ本を閉じるといったことはない。で,おおむね結論は割と「平均的」かつ「日常の常識にてらして妥当」である。楽観主義ばかりではリスクを認識しないので破滅する,悲観主義は事態を正しく認識するが前向きにならない。だから適度にバランスをとろうということになるが,であればあまり自己啓発関連の書籍は読まなくてもそこそこうまく人生は運ぶような気もする。
 個人的に参考になったのは,困難な事象に直面したさいに「ゲーム性(娯楽性)を導入する」というアイデアだ。大きな目標を小さな目標に分割するのは誰でもやっていることだが,そこにゲーム性を持ち込むとさらに楽しさが倍増する。読み方は人それぞれだろうが,「どうも自己啓発系はうさんくさいなあ」と日ごろから思っている方には特におすすめの内容である。

2017年10月29日日曜日

「弱者の戦略」(新潮社)





著者:稲垣栄洋 出版社:新潮社 発行年:2014年 本体価格:1100円
 タイトルだけからすると「自己啓発系」の書籍にも見えるが,実際は「生物の本」。弱肉強食の自然界にあって,「弱者」(著者の定義ではナンバー1になれない生物はすべて弱者)がなぜ滅びないのかをわかりやすく解説してくれている。弱者には弱者の生存戦略がある,というとこれもまた自己啓発ぽくなるが,著者の分析は「そもそも弱者とは何か」といった深いところまで及ぶ。鋭い牙や爪をもつ生物が必ずしも「強者」というわけではないという指摘も興味深い。
 最初の100ページはイワシが群れる理由や蝶のように舞う戦略などが紹介されている。ただ一番実生活に応用可能なのは88ページから99ページに記述されている「中程度攪乱仮説」を紹介した部分だろう。経営戦略と同様に生物もニッチに資源を集中させると強者に勝つことが可能になる。しかしそれだけではなく,「一定の変化」が新しい環境を生み,その新しい環境に適合させる過程で多くの「弱者」がチャンスをつかむことを説明した部分である。生物学の知見をそのまま人間にあてはめるのはもちろんリスキーな話ではあるが,「雨模様の球場でおこなったCSで横浜ベイスターズ」が阪神タイガースを破った理由や,長引くデフレ不況のもとでIT企業が多数躍進した理由などは,この「中程度攪乱仮説」できわめてクリアに説明することができる。前提条件を読者が自分なりに斟酌したうえで,分析の道具として用いるのには有用な知見が多数述べられている。

2014年11月25日火曜日

転職したり、フリーランスだったり、離婚を経験した人は知らないと損する年金の話(SB新書)

著者:浜田裕也 出版社:SBクリエイティブ 発行年:2014年7月25日 価格:本体価格730円
 年金の話はだいたい難しい。しかし、この本はタイトルの長さとは裏腹にコンパクトな説明と身近に即したテーマ割で非常に読みやすい。読者のそれぞれの立場を想定して年金の説明がなされているので、場合によっては重複した内容もあるが、それを差し引いても730円でこの内容はお買い得だろう。第一、消費税が10%になったときには受給資格が加入年数10年に短縮されるなんでこの本を読むまでは知らなかった。
 「内縁」の妻でも年金が受給できる「可能性」があるなど、いろいろ役立つ話が満載なので、年金が心配な人はこの本を読んでから社会保険労務士の先生にアドバイスを求めるというのが効果的かもしれない。

2013年10月14日月曜日

国語教科書の闇(新潮社)

著者:川島 幸希 出版社:新潮社 発行年:2013年 本体価格:680円
 国語教科書の題材が画一化してきている。たとえば芥川龍之介の「羅生門」,夏目漱石の「こころ」,森鴎外の「舞姫」などはほとんどの現代国語の教科書で取り上げられている。それはなぜなのか。そしてそうした教材の定番化に問題はないのかを検討したのがこの新書である。
 キーボードの配列方法は昔のタイプライターの配列がそのまま21世紀のパソコンに引き継がれてきたもの…というのが有名だが,国語の定番教材も戦後同じようなプロセスを経て、デファクトスタンダード化してきたものらしい。それで「是」とするわけでなく、もっと良い教材があるのではないか、という著者の指摘はもっともだ。ただその一方で大江健三郎や村上春樹の文体や文章構成が「現代国語」の試験に非常に馴染みにくいのも事実である。現状はこの3作品で保険をかけつつ、徐々に題材を入れ替えて、たとえば「舞姫」の代わりに「高瀬舟」を取り上げるといった試みをしていくのがおそらく現実に妥当するだろう。
 著者が「画一化」の要因として指摘しているのは①著作権の問題②豊富な副教材や過去の授業の実践事例の存在③指導資料の充実といった点である。原典が同じであれば文部科学省の検定意見も類似したものが多くなるだろうから、その意味では定番教材は「保険」にもなりうる。芥川龍之介の小説が検定教科書に登場しはじめたのは大正中期で、芥川自身が「近代日本文藝読本」という国語教育の編集作業に携わっていたらしい(本書52ページ)。芥川自身は「羅生門」ではなく「トロッコ」をこの副教材に入れていた。戦前には「羅生門」は国語教育の題材としては取り上げられることは少なく、著者はそれを「日本の国体や美風」を記し,国民性を発揮するものとしては「羅生門」はふさわしくなかったのではないか、との推論を述べている。本書の中盤は過去の国語の教科書や副教材の歴史を綿密に調査した結果で占められている。これがまた非常に面白い。
 おもえば検定教科書といえば「世界史」「日本史」など歴史関係の教科書に議論が集中していたが,前学習指導要領では「算数」「数学」「理科」が、そしてこの新書では「国語」がこうして話題になっている。「教科書なんで読まないよ」という学生は多いと思われるが、それでも国民共通の文化の下地になりうるのが検定教科書と考えれば、その重要性をここで新書で検討しておくことには意義がある。また同様に教材の定番化や画一化が現代国語のみならず他の教科でも進行している可能性があることも留意しておきたい。

2013年9月17日火曜日

知的文章とプレゼンテーション(中央公論新社)

著者:黒木登志夫 出版社:中央公論新社 発行年:2011年 本体価格:800円
 わかりやすくて論理的で、しかも一定の読者層に受け入れられる本は,手にとった段階ですでにスタイリッシュだ。中央公論新社の新書は全て同じデザインなのに、やはり書店の本棚にあるときから、一味違う。
 第一に「超整理法」「理系のための作文技術」といった名著の内容をふまえて著述されているので、21世紀にふさわしい新しい文章論が展開されている。しかも既存の議論もふまえたうえでの新しい内容だ。
 第二に医学系論文の審査にたずさわってきた著者の文章論なので,文章を書くうえで陥りやすい「わかりにくさ」「過ち」が指摘されている。
 第三に英語によるプレゼンテーションや論文執筆の経験から、日本語による論理展開を国際標準でとらえることができる。日本語特有の文章論だと、「てにおはの使い方」や「接続詞の使い方」といった文法論から書き起こす必要もでてくるが、この本で重視されているのは「言いたいこと」をいかに簡潔明瞭に著述していくべきかといった技術論だ。名文を書くのには一定の修練が必要になる。しかしわかりやすい文章を書くという技術論であれば新書を読むことで習得することは十分可能だ。
 「近代的な論理展開」の世界だとやはり因果関係や結論の導出方法はかなり重要になる。ビジネス文書の枠組み以外に,論文執筆やあるいはこうしたブログであっても、論理展開が重要な場面がある。一回読んですぐ試行できる内容や、章ごとにまとめられた箇条書きの要約が嬉しい。